お金

【投資初心者必見】インデックスファンドとは?~インデックス投資のススメ~

どうも現役メガバンカーのくれです。
今回は、インデックスファンド、インデックス投資について基本からメリットやデメリットなどを解説します。
初心者にとてもオススメの投資手法なのでぜひ理解しましょう〜

こんな人に読んでほしい
  • インデックス投資についてメリットデメリットを知りたい
  • NISAやイデコの商品選びに困っている
  • 投資信託に関心がある
  • 老後資金を備えるために安定的な投資を始めたい

そもそもインデックス投資(インデックス運用)とは?

インデックス投資(運用)とは?

日経平均やTOPIX、S&P500、ダウ平均等の指標をベンチマークとし、ベンチマークと同じ値動きを目指す投資方法のこと

ベンチマークを上回る投資を目指す投資方法を「アクティブ運用」と言います。

投資信託協会の調査によると、インデックス型ファンドの純資産総額(2020年3月末)は、なんと47 兆 7,820 億円で株式投信に占める比率 50.9%でした。

こんなにインデックス型ファンドが株式投信占める割合が高いなんてご存知でした?

インデックス(指標)の例は?

資産の種類指標名内容
日本株式日経平均株価東証一部上場銘柄のうち225社

TOPIX東証一部上場の全銘柄

JPX日経インデックス東証一部、二部、マザーズ、JASDAQのうち400社
海外株式S&P 500米国企業を代表する大型500社

ダウ平均米国企業を代表する大型25社

NASDAQ米新興市場NASDAQ上場の全銘柄

MSCI コクサイ・インデックス日本以外の先進国(22か国)の上場企業

MSCI エマージング・マーケット・インデックス中国やインドなど新興国(25か国)の主要銘柄
日本債券NOMURA-BPI 総合指数国債や社債など日本債券の主要銘柄
海外債券シティ世界国債インデックス先進国の国債
日本不動産東証REIT指数東証に上場する全てのJ-REIT銘柄
海外不動産S&P 先進国REITインデックス先進国の主要REIT銘柄
コモディティ (商品)S&P GSCI 商品指数原油、金、小麦などの商品先物

インデックスファンドの例をご紹介します。
こちらはモーニングスターのサイトから引用しています。

商品名を見るとどんな投資対象、指標を参照しているかわかるものが多いです。

インデックス投資のメリットとは?

ここからインデックス投資のメリットについてわかりやすく簡潔に解説します。

インデックスファンドは運用コストが比較的低い

インデックスファンドは、「信託報酬」が低いためコストが安い傾向にあります。

投資信託にかかるコストについては、下の記事をご覧ください。

投資信託の3つのコストとは?投資初心者が絶対に押さえておくべき手数料について投資信託でかかる3つのコストとは?投資初心者が必ず抑えておくべきポイントを現役メガバンカーがわかりやすく解説します。...

「オハマの賢人」として有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏は、2013年に「株主への手紙」でインデックス投資を進めるような発言をしています。

Warren Buffett KU Visit.jpg

「低コストのインデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ。」

相続財産についても、10%の現金で米国債を買い、それ以外は手数料の安いS&P500連動のインデックス・ファンドで運用するよう指示されています。

対象となる指数の値上がりや値下がりを予想すれば良い

指数が上がればインデックスファンドの価格が上がる

指数が下がればインデックスファンドの価格が下がる

インデックス投資の場合は、指数の上がり下がりだけを予想すれば良いのでとてもシンプルでわかりやすいメリットがあります。

個別株の場合は、会社単体の財務内容や、その業界のマクロ的な見通しなどを複合的に考えて投資判断する必要があります。

一方でインデックス投資の場合は、指標が表すマクロ的な見通しのみにフォーカスすれば良いのです。

基本的には放置(運用はお任せ)

投資信託全般に共通することですが、基本的にはファンドを運営するプロ(ファンドマネージャー)にお任せすれば良いです。

インデックス投資は少額から始めれる

インデックス投資は、投資信託のため少額で始めることができます

ネット証券だと100円から始めることができるサービスもありますよ。

インデックス投資のデメリットとは?

ハイリターンは望めない

冒頭にも説明しましたが、インデックス投資は、ベンチマークとの連動を目標にしています。

そのため、アクティブ型の商品に比べてハイリターンは望めません。

放置のため、勉強にはならないかも

インデックス投資のメリットとして、指標の動き(マクロ的)を予想するだけで良いと言いました。

逆に言うと、投資の勉強を本気でしたい人にとっては微妙かもしれません。

株式のように、会社の財務諸表や事業の分析が不要です。

投資の原則は、「安く買って高く売る」です。

リーマンショックやコロナのようにマクロ的にインパクトがあるような世界の動きに注目することはインデックス投資でも必要です。

経済全体の流れを掴むと言う意味でも、インデックス投資をするのもありだと思います。

実際にインデックス投資はどう始めればいいの?

  • 金融機関の窓口で相談する
  • ネット証券口座を開く
  • 投資信託やETFを購入する
  • NISAやiDecoで運用する

インデックスは比較的安定的な利益を追求するので、長期投資に向いています。したがって、NISAやiDecoをしていない人は、まずNISA、iDeco口座を開設して、その中で「インデックスファンド 」を購入することを強くお勧めします

ビジネススキルを上げたい人は必見

本記事を読んでいただいた方に朗報です!!

ビジネスエリートになるためのノウハウを集約した完全版

有料級の記事を「無料」で提供します。