お金

初ボーナスの平均は?みんなのボーナスの使い道は?

どうもメガバンカーのくれです。
今回は新入社員のボーナス事情について説明します。
同世代がボーナスをどのくらいもらっているのか気になりますよね。
記事の後半には、僕がオススメするボーナスの使い道を紹介します。

新入社員のボーナス事情

日本のボーナスは大体夏と冬の二回です。

新入社員の夏のボーナスは、企業によっては寸志(5万円程度)という形で支給されるところもあるようです。

まぁ、実際に働いて会社に貢献してるわけではないのでもらえたらラッキーくらいに思ったほうがいいかもしれませんね。

新入社員の初ボーナスの平均は?

まずは、結論から申し上げます。
夏のボーナスの平均値は、産労総合研究所の調査によると大卒は87,638円、高卒は69,064円。
自分と比べていかがですか?

なお、調査によると新入社員に対して「何らかの夏季賞与を支給する」企業は88.1%

一方で、「支給しない」企業は4.8%でした。

ほとんどの企業がボーナスを何かしらの形で与えていることがわかります。

この調査の中で興味深かったのは、従業員が1000人以上の大きい企業の平均値よりも、従業員が300人〜999人の中規模の企業の平均値の方がボーナスの平均が高かったことです。

大企業の方が中小企業よりもボーナスは高い傾向にありますが、新入社員の夏のボーナスに限っては中小企業の方が高いということがわかります。

厚生労働省の調査によると、年齢問わずに調査した「従業員数で分類したボーナスの平均」は以下の通りです。大きい企業の方がボーナスが大きい傾向にあります。

従業員数ボーナス平均
500人以上653,688円
100〜499人431,227円
30〜99人331,267円
5〜29人261,268円
引用:毎月勤労統計調査-令和元年9月分結果速報等

中小企業は業績が好調だからと言って社員に還元できるほどの盤石な財務基盤でないのが会社事情ですね・・・。

ただし、少数精鋭で優秀な人材を維持するために、従業員の待遇を厚くしている企業もあります。ベンチャー企業に多い特徴です。

調査結果は、あくまで平均値ということは念押ししておきます。

ボーナスが高い職種は?

ボーナスは業種によってバラツキがあります。
もちろん会社の業績や個人の成績などでボーナスは変動します。しかし、「業種が何か?」である程度貰える額が決まってしまうのが現状です。

業種ボーナス額
電気・ガス業779,700
情報通信業679,098
学術研究等660,402
金融業,保険業607,594
鉱業,採石業等575,709
製造業515,779
建設業513,611
教育,学習支援業505,637
不動産・物品賃貸業447,396
複合サービス事業429,742
運輸業,郵便業367,721
卸売業,小売業339,683
医療,福祉276,147
その他のサービス業208,834
生活関連サービス等159,473
飲食サービス業等62,688
調査産業計381,520
引用:毎月勤労統計調査-令和元年9月分結果速報等

残念ながらボーナスや年収は業界によって大きく異なります

あなたにとって、人生で大事にしている軸が「お金」であるのならば、転職をお勧めします

新卒から3年以内の転職は、「第二新卒」という扱いになります。

業界が全く違っていても、採用されやすいのが特徴です。

逆に3年を超えると「即戦力」として扱われるため、同じ業種業界への転職が多いのが実態です。

20代オススメの転職サイト
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • dodaエージェント
  • ビズリーチ
  • パソナキャリア
  • JACリクルーメント
  • type転職エージェント

「転職と副業のかけ算」で有名な5回以上転職経験あり、年収5000万以上のmotoさんがオススメしている転職エージェントです。

最近では、副業が認められている企業が多くなりました。

やりたい仕事についているが「給料に満足できない」という人は、副業をすることもお勧めです。

僕は、ブログで情報発信をしています。
給料のみに頼っていると勤めている会社に万が一のことが起きたら大変です。コロナでは新たねて「一つの給料に依存すること」に危機感を覚えました。

興味がある方はこちらの記事をご覧ください。ぼくと同じようなブログが30分程度で作れますよ♬

ブログを通してWEBマーケティングやプログラミングを学べます。ブロガーと呼ばれる人の中には「月100万位上」を稼いでいる人がたくさんいます。

副業ブログの始め方〜WordPressでアフィリエイトブログを始める〜 副業銀行員です。WEB知識が全くなかったゴリゴリ文系の僕でも簡単にブログを始めることができました。今では収益化を達成しました。今回は、...

みんなのボーナスの使い道は?

ボーナスの使い道を調査した結果を紹介します。

ボーナスの使い道ランキング

順位使い道比率
貯金・預金38.1
旅行10.5
外食5.1
食品4.1
衣服3.7
番外編特になし5.8
引用:第35回 Ponta消費意識調査 2019年6月

日本人の特徴を顕著に表している気がしますね。
一位は圧倒的に「貯金・預金」でした。
なんて夢がないんでしょう。笑

新入社員にオススメのボーナスの使い道

ここからは僕がオススメするボーナスの使い道です。

老後のための投資のスタート

人生100年時代です。

老後のための資産形成は現役社会人にとってとても重要です。

しかし、多くの人は資産形成を始めるのが遅いです。

  • 結婚するとき
  • プロポーズするとき
  • 病気や事故をしたとき
  • 子供ができたとき
  • 引越しを考えたとき
  • 転職を考えたとき

人々は遅かれ早かれ人生のどこかのタイミングで「お金」の重要性に気づきます。

資産形成や投資は早く始めるに越したことはありません。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

資産運用の必要性。なかなか踏み出せない人へ資産運用、投資を始めようとしているけど、なかなかはじめの一歩が踏み出せない人に送る記事です。人生100年時代。老後2000万円問題。とにかく始めることが重要です。悩んでいる時点で他の多くの人より進んでいます。自信を持ってください。...

では、資産形成や投資をスタートするに絶好のタイミングはいつでしょう?

まさに、初めてボーナスを受け取ったときです。

初任給は、親へのプレゼントを贈ったり、自分へのご褒美を買ったりしているとあっという間になくなりますよね。

毎月の給料とは別途受け取ることができるボーナスこそ最初の資金となりうるのです。

周りの人で「お金」に対して勉強している人はすでに以下のことを始めていますよ。

  • イデコ
  • NISA
  • ポイント投資
  • ロボアドバイザー
  • 個人型年金保険

マイナス金利の状況下、「資産形成や老後の資金確保のため」という目的で、銀行の普通預金に預けておく「貯金・預金」は意味がありません。少しでも金利のつく投資・資産運用をすることで複利の効果を得ることができて早く始める意味があります。

投資にかかる基礎的な知識を解説している記事です。

社会人なら知っておくべき「常識」ですので、ぜひ読んで理解しましょう。

まだ遅くありません。徐々に初めて行きましょう。

ビジネススキルを上げたい人は必見

本記事を読んでいただいた方に朗報です!!

ビジネスエリートになるためのノウハウを集約した完全版

有料級の記事を「無料」で提供します。