ブログ・副業

文章力を上げるテクニック。読まれる記事を書くコツを事例とともに解説します。

文章力を上げるには「慣れ」と「テクニック」が必要です。

「慣れ」はある程度時間がかかりますが「テクニック」は割と直ぐに定着します。

文章力を上げるメリットは、読まれる記事になるだけでなく日常生活でも活きてきます。例えば、ビジネスメールや日常会話なども上達します。

初心者だからこそ意識的にテクニックを駆使して「読まれやすい」文章がスラスラ書けるようになりましょう。

一度、変な書き方の癖がついてしまうとなかなか治りません。

言葉の重複を避ける

言葉を繰り返し使うと「語彙力」のなさが露呈します。また、読み手は「しつこさ」を感じてしまいます。出来るだけ同じような言葉を一つの記事に多用するのは避けましょう。

読まれるブログを作るにはテクニックが重要です。定期的に更新することもとても重要です。更新を続けるのは最初はとてもしんどくて大変です。「1分」でいいから始めることが重要です。

読まれるブログを作るにはテクニックが重要です。定期的に更新することも効果的。しかし、更新を続けるのは最初はとてもしんどくて大変な作業です。まずは「1分」でも書き始めることを意識しましょう。

語尾が「〜です。」「〜です。」と繰り返すのも稚拙な文章になります。
僕も意識していないと「〜です。」を頻発してしまいます。気をつけましょう。

体言止めを使う

体言止めとは?

体言止めとは、名詞や代名詞などの体言で語尾を止める手法のこと

体言止めを使うことで以下のような効果があります。

  • シンプルで読みやすくなる
  • 文章にリズムが生まれる
  • 注意を引く効果がある

今日はブログについて研究した。最近のトレンドはSNSからの流入を増やすことらしい。ツイッターやインスタを育てることでSEOに左右されないブログを作れる。

今日はブログについて研究した。最近のトレンドはSNSからの流入。ツイッターやインスタを育てることでSEOに左右されないブログを作れる。

一行詰め込みを回避

これはよくある指摘事項なので意識されている方も多いかと思います。

でも、会社の稟議でもダラダラ1行が長い人っていますよね。

読み手からするとダラダラしている印象があり、非常に読みづらいです。

最近は、DXを推進するスタートアップが注目されているが、その原因は日本のIT人材不足にあり、なかなか解決される見通しが立たないため、今後もDX市場は伸びていくと考えられる。

最近はDXを推進するスタートアップが注目されている。その原因は日本のIT人材不足に起因する。この問題はなかなか解決される見通しが立たないことから、今後もDX市場は伸びていくだろう。

こそあど言葉を回避する

こそあど言葉

「これ」「それ」「あれ」「どれ」など、物事を指し示す働きをする語の総称です。「指示語」とも呼ばれます。

ブログにおいては、こそあど言葉は多用することはお勧めしません。

こそあど言葉が指している言葉が遠いと読みづらい文章になります。

SEO対策で重要なのはホワイトハットSEOです。これはブラックハットSEOの反対の言葉です。それはユーザーを騙すようなSEO手法を指します。近年、Googleの取り締まりが厳しくなっておりそのようなSEOは評価されづらくなってきていますが、まだまだそのような手法をとる人たちも少なからずいます。

SEO対策で重要なのはホワイトハットSEOです。これはユーザーを騙すようなブラックハットSEOの反対の言葉です。近年、Googleの取り締まりが厳しくなっており、ブラックハットSEOは評価されづらくなってきていますが、悪質な手法をとるひとはまだ少なからずいます。

こそあど言葉を避けるあまり、「言葉の重複」が増えてしまう懸念もありますのでバランスが大事です。

やや極端な例を取り上げましたが、こそあど言葉は文章をスッキリさせるためには便利な言葉です。「多用」は避けて要所要所で使いましょう。

文章を読み直して、伝わりづらい・読みづらいかどうかをチェックしましょう。

過度な「言葉の重複」は避けたほうが良いです。ただし、その言葉が「狙っているキーワード」であれば、ある程度は繰り返し使ったほうがSEO的にはプラスです。

主語の連発を避ける

主語が一つの文章にたくさん出てくると非常に読みづらいです。

主語と述語がわかりやすい文章を心がけましょう。

今日は、私はブログを2記事更新しましたが、いつもは2、3日に一度しか更新しないことが多いため、体力的にはかなり負荷がかかりました。

今日はブログを2記事更新しました。いつもは2、3日に一度しか更新しないことが多いため、体力的にかなり負荷がかかりました。

いかがでしょうか?かなり、スッキリすると読みやすい文章になったのではないでしょうか?

一文にたくさんの情報を詰め込もうとすると主語が誤って複数出てしまいます。

できるだけ「シンプル」に、無駄な言葉や表現は徹底的に省いて行きましょう。

ひらがなを多くする

一つの文に漢字が多いととても読みづらい文章になります。

書いている内容が大したことなくても、読み手は「難解」な文章だと感じてしまいます。

ひらがなの割合を高めることで、読むリズムが生まれて、読まれる文章になりやすいです。

最近、仮想通貨投資が流行している。その要因の一つは、テスラ社が仮想通貨への投資を開始したからだと巷では言われている。テスラ製品の決済方法としてビットコインが普及したら、仮想通貨はより一般的なものになるだろうと推測できる。

最近、仮想通貨投資がブームである。その理由のひとつは、テスラ社が仮想通貨への投資を始めたからだといわれている。テスラの車がビットコインで買えるようになると、仮想通貨は今までより身近なものになるだろうと考えられる。

漢字が多いと、新聞や硬いニュース記事のような印象を受けますよね。

もちろんターゲット層や媒体にもよりますが、「みんなに読まれる」文章にするのであればひらがなの割合をやや多めにすることをオススメします。

ビジネススキルを上げたい人は必見

本記事を読んでいただいた方に朗報です!!

ビジネスエリートになるためのノウハウを集約した完全版

有料級の記事を「無料」で提供します。