ブログ・副業

ロングテールSEOの対策方法

ロングテールSEOとは?

ニッチなキーワードを狙うことで検索上位を獲得する手法

ビックワードは競合サイトが非常に強いです。

個人ブログで勝つためにはミドルワードorロングテールワードを狙う必要があります。

個人が勝つには「ロングテールSEO」を攻略する必要がある!

ロングテールSEOのメリット

  • 競合が少ないため、上位表示されやすい
  • ページごとに集客が可能なため、ウェブサイト全体の検索数が安定する
  • 絞り込まれたキーワードの為、ユーザーのニーズに応えやすい
  • コストがかからないで集客ができる

ロングテールSEOのデメリット

  • 検索数が少ない
  • ページ数が多くなるため、サイト管理が大変になる
  • 似たようなページが多くなるとサイトの評価が落ちる

ロングテールキーワードの探し方

【無料】キーワードの検索ツールを使う

ラッコキーワード

【無料】ロングテールキーワードの検索数を調べる

検査数予測ツール

月間検索数「1000件未満」はあくまで目安です。

また、検索数予想ツールは「正確」ではない可能性がありますのであくまで参考としてください。

ロングテールSEOの注意点

重複したコンテンツに注意する

Googleは「重複した」コンテンツを嫌うと言われています。

同じような記事を量産することはサイト全体の評価の悪化につながる可能性があります。

注意しましょう。

記事のリライトは定期的に行う

ロングテールの記事だからといって放置するのはNGです。

定期的にメンテナンスをすることで上位をキープすることができます。

ロングテールSEO記事を導線に使う

ロングテールSEOはあくまで「本当に訪問してほしい記事への導線」です。

ロングテールの記事の中に、メイン記事への導線をうまく作りましょう。

ロングテールキーワード記事を増やせば増やすほど、メイン記事への導線が増えて収益機会も増える。

PR
ビジネススキルを上げたい人は必見

本記事を読んでいただいた方に朗報です!!

ビジネスエリートになるためのノウハウを集約した完全版

有料級の記事を「無料」で提供します。