未分類

賃貸物件の選び方〜都内一人暮らし〜

どうもくれ(@kure2525_life)です。
今回は、大学生の時からずっと一人暮らしをしている僕が賃貸物件の選ぶコツをお伝えいたします。

こんな人に読んでほしい
  • 一人暮らしが初めての新社会人
  • 物件を選ぶコツが知りたい
  • 見落としがちなポイントを知りたい

賃貸物件を選ぶコツ9か条

複数回の引越しの経験から、ココは押さえておくべきというポイントを9個に絞ってお伝えします。

条件を良くすれば良くするほど「家賃は上昇」します。

自分の中でここは譲れる部分と譲れない部分を整理しておくことが重要です。

駅近の物件

なんだかんだ駅近がいいです。

駅近のメリット下記です。

  1. 急に雨が降っても傘がいらない
  2. 駅周辺にはスーパーやコンビニ、本屋、カフェなどが充実している
  3. 通勤通学時間が短くなる

会社に近い物件

駅近に加えて、会社に近い物件を選ぶのをお勧めします。

都内の場合、満員電車が多いです。東京人口は右肩上がりで増えています。

とにかく満員電車は心身ともにストレスがかかります

会社の近くの物件を選ぶことで通勤時間を短縮し、浮いた時間を自己研鑽や睡眠の時間に当てることができます。

僕は通勤時間が40分と長いので乗車中は、日経新聞や自己研鑽に励んでいます。

社会人にオススメの過ごし方
  • 日本経済新聞を読む
  • Udemy を購読する
日経新聞を無料で読む方法 どうも、メガバンカーのくれ(@kure2525_life)です。 今回は、日経新聞を無料で購読する方法を説明します。 僕は...

クリーニング店が近い

一人暮らしをしているとシャツやスーツをクリーニングに出す機会が多くなります。

クリーニング店が遠いとクリーニングに出すのが面倒臭くなってしまいます。

自分でアイロンがけをするよりも圧倒的にクリーニングに出すほうがシャツが綺麗に仕上がり、長持ちもします。

シャツのクリーニングは1着100円程度ですので、毎月2,000円程度の出費になります。

アイロンがけしている時間や洗濯の時間を考えるとクリーニング屋に持って行くほうがコスパが良いです。

フィットネスクラブが近い

これはイマドキかもしれませんが、フィットネスクラブに通おうとしている人や、健康に気を使っていこうと考えている人は、フィットネスクラブが近くにあると便利です。

フィットネスクラブを通い続けるコツとして多くの人があげているのが「家からフィットネスクラブまでの近さ」です。

社会人になると飲み会が増え、食生活が乱れ、運動の習慣がなくなるなど、「フィットネスクラブに通おうかな」と思う機会がいずれ訪れます。

そんな時のためにも、フィットネスクラブが近くにある物件を選ぶことをおすすめします。

ゴミ出しが自由

ゴミ出しが自由な物件はとてもとても便利です。

管理人がいて、マンション専用のゴミ小屋があるところは、いつでもゴミを出せることがあります。

内覧をする際や、不動産会社に問い合わせる際には、必ず聞くようにしましょう。

燃えるゴミの日に出し忘れた!プラの日に出し忘れた!

とか言って、部屋にゴミが溜まっていると友人や恋人にネガティブなイメージを持たれてしまいます

意外と見落としがちなポイントなので確認しましょう。

インターネットが無料

インターネットが無料で使える物件を選びましょう。

最近、インターネットが使える物件が多くなってきているのですが、自分で工事をしないといけない物件もまだまだ存在しますので、できればインターネットが無料で使える物件を選びましょう。

工事をするとお金と時間がかかります。面倒臭いので、できる限り避けたいです。

普通にインターネットを契約すると毎月5,000円程度かかります。

インターネットを無料で使える物件は、家賃からマイナス5,000円をしてインターネットが使えない物件と比較検討するのが良いでしょう。

トイレと洗面台が別々ではない

注意して読んでください。

「トイレと洗面台が別々ではない。」です。

なぜかというと、掃除がとても便利だからです。

洗面台とトイレが同じ空間にあることで、トイレを綺麗に保とうとするモチベーションが生まれます。

逆に、別々だとトイレ掃除もしくは洗面台の掃除がおろそかになりがちです。

これは引越しを繰り返す中で気づいたポイントです。

ただし、風呂(バス)とトイレ、風呂(バス)と洗面台は別々の方が良いです。

風呂場は濡れます。朝、洗面所で顔を洗おうとするときに床が濡れていると靴下が濡れたり、足が濡れたりと不便です。

洗面台やトイレが風呂と一緒になっているユニットタイプは避けましょう。

牛丼チェーンが近い

これは完全に主観です。

一人暮らしをすると、食生活が乱れがちです。

そんな一人暮らしに便利なのが「牛丼チェーン」です。

上司と違う路線

これは、社会人は抑えておきたいポイントです。

上司が使う路線と同じ線だと、飲み会の帰りや仕事帰りに、一緒に帰るハメになることがあります。

良い上司ならいいのですが、そうじゃない上司だと最悪です。

社内ゴルフコンペや社員旅行などがあると、同じ車に乗らないといけないこともあります。

意外ですが、押さえておいて損はしないポイントです。